FC2ブログ

Across Diary

ここでは日記や日々の物思いについてつらつらと書いていこうと思います。

幸せな時間。

楽しく写真展やらせてもらってます。
今日は一日中多次元にいました。
勇気を出してギャラリートークなんかもしてみたり。
見てくれる人に自分の写真について語るのは照れくさくもあるけどとてもうれしい気持ちになります。
この2日間を見てきて一番感動してるのは、お客さんが本当に時間をかけてじっくりと写真を見てくれていることです。
これだけたくさん写真があったら(多分1000枚以上)途中で飽きて眺めるだけで帰ってしまいそうですが、誰一人としてそんなことはありませんでした。
むしろリピーターとして何度も足を運んでくれている方もいて運営者冥利に尽きる思いです。

明日が最終日です。
2年前、照ネエと僕の2人から始まった企画。
長い熟成期間を経て今年春に始動。
かなみん、ハヤ、まりえちゃん、ふっきー、そして俊太。
7人の仲間が集い、半年の準備期間を経てようやく開催に漕ぎつけました。
(無論スペシャルサンクスなみなさんの力もあって)
「大成功!」と言って終われるよう、最後までがんばります。
まあ見た目はほのぼのなんでしょうが。

メンバー全員が揃う時間が多いので、展示について質問などがあったら是非本人をつかまえて聞いてみたりしてくださいね。
みんな喜んで応対しますので。

それではまた多次元2階でお会いしましょう。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 00:23:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさかの設計ミス!?

写真展1日目無事できました。
後半はゼミで参加できなかったけど。

遊びに来てくれたみなさんありがとうございます。
水曜日までやってるので何度でも来てくださいね。
もしかしたら展示のマイナーチェンジもあるかもしれないので。

カメラは展示中なので報告写真はなしです。
まだ来てない人にネタバレしてもつまんないしね。



自分の展示でちょっと問題が。
アルバムが重過ぎてフレームが回転してしまい何度か落下してしまいました。
何回も組み立て実験したせいでジョイントが甘くなってたせいもあるのでしょう。
せっかくがんばって買い集めたキレイなアルバムも角がへこんでしまいました。
無論僕もへこみました。
まあ挫けててもしょうがないので何とか補強して明日以降も展示を続けていきます。



明日は僕もがんばってコーヒー淹れますよ~。
  1. 2007/10/30(火) 00:09:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この人たちと写真展やります!



写真展「7つのファインダーと、あとコーヒー。」
http://7finders.com/

いよいよです。
月曜日から3日間行います。
写真部でもなく学科もばらばらな7人が「写真が大好き」という共通点をもとに集まって始めたこの企画。
写真の楽しさをより身近に感じてもらえるようにという思いを込めてお届けします。

コーヒーの香りとともに。
(爽やかさ向上のためモミアゲと繋がってた髭もちゃんと剃りました。)



それではみなさまのご来場、心よりお待ちしております。

  1. 2007/10/28(日) 00:47:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長い1日。

昨日は長い一日でした。

朝、はやしくんと写真展の資材買出し。
昼、多次元で写真展の準備作業。
夜、MATLABと格闘。

特に夜は自分でも驚くくらいがんばったと思います。
MATLAB恐怖症の僕としては。
「プログラムとかしたくないから」が白石研の志望動機の半分を占めていたと言っても過言ではないのですが、結局MATLABを避けて通ることはできませんでした。
たった1つの短いプログラムを書くのに夕方6時から日付が変わるまで実に6時間。
ドメさんの授業を諦めずに真剣に受けてればもっと簡単にこなせたのかもしれないけど。
でも最終的に自分の力でやらなきゃ身に付かないんだと思います。
そういう意味で昨日は何ものにも代えがたい達成感を得ることができました。

evalってやつを使えるようになったぞ!



語音素材.wavを読み込み(50個を順番に)

インパルス応答と畳み込み

結果をファイル名に通し番号をつけて.wavで書き出し

ってのがワンタッチでできるようになりました。
他の研究室の人からは「何やそれだけかい」と笑われそうですが、ちょっと前の僕からは想像もできないくらいの快挙なのですよ。
あとまだ手直ししなきゃいけないところがあるし、できることなら高速化も図りたいところですが、この調子なら挫けずがんばっていけそうです。

quit
  1. 2007/10/25(木) 13:27:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本気でへこんだ。

写真展の宣伝は仲間がやってるので、波状攻撃という感じで僕は後日告知するとしましょう。





10月ライブのDVDを手に入れました。
いつも恐る恐る見るのですが、今回は自覚がある分よりいっそう恐かったです。
そして見ながら・・・こんなに自分が情けなくなったのは初めてでした。
自分のバンドが一番弾けてないなんて。
プロ7メンバーとお客さんとSIAM SHADEに謝らなければいけません。
今回は本当に僕が悪い。

しばらくベッドの上でのた打ち回ってから残り2バンドを見ましたが、こっちは大丈夫でした。

上陸は荒削りだったけど楽しくやってる感じがでてました。
みなさんの竜平コールもばっちり入ってたし。
自分の歌を客観的に聴くのは恥ずかしかったです。
もっと練習しよ。

V3は自分で言うとアレですが最高でした。
このV3を1年生に見てもらえて良かった。





反省
とにかく音痴なチョーキングと緊張して走るクセは早めに矯正しないといけないなと思いました。





嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああ嗚呼アアアアアア嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼アアア嗚呼嗚呼アアアああアアア嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼アアアああアアア嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああアアアちくしょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
  1. 2007/10/23(火) 02:11:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほんまかいな。

今パッとテレビつけたらカウントダウンTVがやってて、6位に平野綾がランクインしてました。

すげえなあ。



ロッキンでしたね。
諸々の事情で後半からしか見られなかったんですが、楽しかったです。
1年って早いなあ。
今日引退した幹部のみんな、お疲れ様。
言葉に出しても月並みにしかならないけど、君たちは本当によくがんばってくれたと思います。
お疲れ!

新幹部のみんなはこれからどんな軽音部をつくっていくんでしょうね?
代表という立場になることで新たに見えてくるものがあって、いろいろと頭を悩ませることもあるかもしれません。
困ったときは一人で抱え込まず先輩・友達にいっぱい相談したらいいんだぜ。
がんばれ!



そういえば今の子たちってROCKIN' K.I.D.のK.I.D.って何のことか知ってるんでしょうかね?
  1. 2007/10/21(日) 01:39:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

キーマンはうちの代なんだ、多分。

前回の続きです。
正直こんなにコメントをいただけるとは思っていませんでした。
軽音に対して真剣に考えてくれている人がいることがわかってとても嬉しいです。
この話題についてはこの記事で結論とするつもりはないので、今後とも意見のある人は遠慮なくコメントしていってください。

今からどうやったらまとまった文章になるかなあ~と考えながら書くのでまとまらない文章になると思いますがどうぞお付き合いください。



で1時間以上ぐだぐだ書いていましたが、結局コメントに返信していくほうが楽だなと思いました。



>うりょ~くん
1年生がこうして真面目に厳しい目でライブを見てくれているというのは僕としては嬉しいです。
上級生は後輩のこういった期待やプレッシャーにしっかり応えていくべきだと思います。
4年生以上でもうご隠居さま気分になってるような声をときどき聞きますが、僕は断固反対です。
出る杭踏みつけて「俺が最強だ!」と言い張るような演奏をがんがん見せていきましょうよ。
逆に1年生は今はまだ自分より上手い人ばっかりでどれもすごく見えるかもしれないけど、何にでもキャーキャー言うんじゃなくてどんどん耳を肥やして良いところも悪いところも聴けるようになってほしいと思います。

バンドがんばってね!



>あゆ
ハヤの代から花見をしたりアベケンはスポーツ大会をやったり、あとは初心者講習会や合宿があって割と人が集まる機会はあると思うけどね。
他にはもっと個別に少人数でドライブとか行ってる人もいるよね。
下は上の人と絡みたいと思ってて上は下の連中と絡みたいと思ってて、何だかんだで両思いなんだからあとはどれだけ積極的に関わっていくかじゃないかな?
できればどんどん話しかけてきてほしいけどね。
ライブのときの多次元のロビーなんて絶好のチャンスなのにね。
話もできる、演奏も見られる。

がんばれ新部長!

あ~もしもギタリスト(でなくてもいいけど)で僕と話したいとかいう人がいたら遠慮なく来てくださいね。



>UK
りりーがいい感じに答えてくれましたね。
同意見です。
いろんな人とやるのは自分の世界を広げて実力を高めるのに有効だと思います。
今しか一緒にできないって人もいるしね。
ただしやるからにはその時そのメンバーでできる最高の演奏を聴かせてね。

あと1つ思うのは、特に初心者で始めた人はある程度の実力が身に付くまでは今の自分のバンドを大事にしてほしいということです。
何も持たずに上手い人とやったり複数のバンド掛け持ちしたところでおそらく得るものはないからね。
今年の初心者バンドは幹部が1人1バンドの制約をつけて、今もそのまま進行してるから大丈夫だと思うけど。
2年前初心者が3つも4つも掛け持ちをしてバンド数がインフレを起こしていたときに注意できなかったこと、幹部として反省しています。

UKみたいにこうしてコメントしてくれる人がいれば軽音部はどんどん良くしていけると思うよ。
一緒にがんばろう!



>テルくん
2時間もかけて丁寧なコメントありがとう。

うん、軽音部に固執せず自分に合う場所を探すのはとても建設的で良いと思う。

バンドのメンバーに関してはテルくんの言うとおり気持ちが合う人とやるのが一番です。
1つのバンドを続けるというのはなかなか難しいけれど、とても価値のあることだと思います。
もちろん今の軽音部にも長く続くバンドはありますよね。
ちょっと気になるのはどのバンドも外でがんばりすぎじゃないかな~ということ。
いや大いにがんばってほしいんだけど、同じくらい中でも活動してほしいなと思います。
だってこの現状、まるで日本の産業の空洞化みたいじゃないですか。
軽音の代表、軽音のカラーになるようなバンドなんだからしっかりその姿を後輩に見せつけてみんなの目標になってほしいです。
Xanaduの影響力はすごいと思うけどね。

テルくん、俺は元気だよ。
一人で何とかしようなんて思っちゃいないし大丈夫大丈夫。
軽音部が大好きなのさ。
これでも元副部長だしね。



>エリ
母親の影響かスナック麻海の曲は大概わかるよ。
いつもハイレベルで安定した歌と演奏に舌を巻いています。
個人的に軽音内部で一番軽音を盛り上げてくれてるバンドだと思ってるよ。

写真ありがとー!楽しみ!



>smith
部長の言葉ははっきり憶えています。
開催日程、バンド数の調整については軽音部が裏方さんと早い段階で密な打ち合わせをすべきだと思います。
また僕たちが裏方専門のサークルがいるという非常に恵まれた環境でライブをさせてもらっているということを部員全員が改めて認識する必要がありますね。

1つ、バンド数の問題を棚上げさせてもらって言いたいことがあります。

PAをしたいと思わせる演奏というのは正にその通りで、前回の記事で書いたことになりますが、良いライブをする義務が軽音部にはあります。
しかし良い演奏をするには良い中音が得られること、良い演奏を聴いてもらうには良い外音を出してもらうことが必要なわけです。
つまり最終的にバンドを生かすか殺すかはTRPさんの手にかかってると言えるんではないでしょうか?

1年間ステージマンやっただけでTRPを辞めた僕なんであんまり偉そうなことは言えませんが、バンドと同じように日々練習した成果を出したプライドあるサウンドリインフォースをお願いしたいです。
(ケンカ売ってるわけじゃないからね。一緒にがんばっていきましょう!)



>ヒラクさん
僕という客はそう捉えたってことですよっ。
最近日和見主義なプロ7ですが、残り時間も少ないんでそろそろやりたい放題やっていきたいと思います。



>ナオヒサ
環境と言うとあれだな、結局のところ内輪の発表会になってるのが1つの問題なのかもね。
そして俺たち褒めてばっかだし。
2年前のヒーローは音楽に厳しい人いっぱいいたもんなあ。
さらに昔はもっと厳しかったらしいしね。
いきなり厳しくすればいいとは思わないけど、上級生はもうちょいシャキッとせにゃならんやろうなあ。

バンド、ソナチネOBとして期待してる!



>りりー
そっかあ、今はもう中に入らなかったりするんやね。
学年上がると椅子に座らなくなって後ろの方で壁になるってイメージやった。
その壁がノってきてくれる(コウさんが踊りだすとか)と認められた気になるって感じでライブしてたわ~。

軽音が今の状態になったのもこれからの軽音をどうしていくかも、俺らの代がキーだと思うんだ。
がんばろうぜ、俺も軽音好きだから!





お疲れ様でした!
おやすみ!!
  1. 2007/10/19(金) 02:12:44|
  2. ギター・バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昨日の続き。

長文です。





うちの軽音部のバンド事情。
バンド数多いですよね。
50バンド以上あるのかな。
部員が多いというのも根本的な原因ではありますが、それ以上にバンドの掛け持ちをしている人が多いということですね。
これは昨日書いたように、芸工の人はいろんな音楽が好きで芸達者な人が多く、何かやりたい音楽が見つかったときはそのために新たなバンドを作ればよいという考えが一般的であるためだと思います。
今は僕も複数のバンドをやっているのでこのこと自体は否定しませんが、入部当初は違和感を覚えていました。
というのも高校時代は3年間1つのバンドだけで通して、そのバンドで邦楽・洋楽・オリジナルをこなしていたので。(旧Diaryの記事参照)

今の軽音部の現状としてライブの機会や1回のライブでの曲数が少ないことを考えると、○○専門のバンドをやるというのは理にかなっていると言えます。
ただ僕が残念に思うのは、1回きりで消えてしまったりコンスタントにライブに出演しないためにそこまで印象に残らないバンドが多いことです。

もう少しつっこんで書きます。
(僕の主観による意見で、極論になっている部分もあるかと思います。議論の価値はあると思うので、意見があったらどしどしお寄せください。)

印象に残らないというのは、「何でその音楽をやっているかがよくわからない」ということです。
何だかんだでうちの部の大半はコピーバンドです。
「なぜコピーをするの?」と言われれば「この曲が好きだから」と答える。
これは当然でしょう。
しかし目的がこの程度止まりなら防音室の練習で満足なはずです。
ライブでステージに立つならばそれ以上の何かを持っている必要があって、つまり

「この曲のすばらしさを多くの人に知ってほしい」
「自分のテクニックを見せつけたい」
「これをやったら最高のエンターテインメントになる」

というような目的が感じられるかどうかがバンドの価値につながってくると思うのです。

やってる音楽が特殊なものであるほどこういうことを真剣に考えていないとただの自己満足に終わってしまいます。
どう伝わるかはお客さんの主観によるところで難しいですが。

アニソンはその最たるもので、曲自体が難しい、趣味に走ればみんなの知らない曲になる(自己満足と取られやすい)、知ってる曲をやればネタと取られやすいといったことから良いライブをするにはかなりの努力が必要です。

ネタというのを逆手にとって最高のエンターテインメントに仕上げたのは我らが先輩バンド兄孫。
project7は最近は一般に知られている曲をやっていますが、アニソンって実はかっこいい音楽でしょ?ってのを伝えたいという思いでやっています。
デラデラックスは今回は兄孫に近い印象でしたが、今後もアニソンバンドの宿命を肝に銘じて成長していってほしいです。
プロ7の目の黒い内は大人気なく勝負かけていくんで。(笑)





最初に書きましたが、今軽音は人口爆発状態です。
全てのバンドが枠を取れてるわけではないし、ライブに出演できているわけではないでしょう。
だからこそステージに立つバンドは責任を持って最高の演奏を聴かせてほしいと思うのです。

それでは今日はこの辺で。





  1. 2007/10/16(火) 16:34:15|
  2. ギター・バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

タオルを首に巻かなくなったら秋。

img.jpg

写真は照ネエ提供。

ライブな1週間が終わりました。

project7は予想通り緊張しました。
そして緊張にやられました。
3曲とも見せ場で見せきらんかった!
しかしまあSIAM SHADEのイントロでお客さんが沸いてくれたのが嬉しかったです。

竜平上陸大作戦はぽっと出のふざけたバンド名でどないやねんと思っていた方も多かったことでしょうが、あんなバンドでした。
歌はもっと練習します。
またどっかのバンドでリベンジしたいと思います。
2曲目ではみなさんの竜平コールに感謝感激雨アラレです。
お陰さまでとっても楽しいステージになりました。
ちなみに写真にも写ってますが軽音ライブで初めてレスポールを弾きました。
あれが僕が高1のときに生まれて初めて手にしたエレキギターです。
スイッチの調子が悪くてフロントの音が出たり出なかったりするんですが、ライブでは不具合無く演奏できて良かったです。
テラのメグちゃんとカラーも同じエピフォンレスポールスタンダードでした。
愛器紹介終わり。

V3は過去最高の出来でした。
ステージ上も客席も全てが熱かった!
本当に楽しかったです。
MCなかったので3曲目はわかんなかったかもしれませんね。
セットリストは

1.情熱大陸 葉加瀬太郎 (2006年10月ライブのリベンジ)
2.決戦 FF6戦闘曲 (2006年クリスマスライブのリベンジ)
3.RISING 吉田兄弟

全てV3アレンジです。
吉田兄弟は三味線で有名なあの人たちです。
そんなところに目をつけるとはさすが藤井さんですよね。
本当は新歓ライブに出るつもりで練習していた曲でした。
結局いろいろ忙しくって予定がノビノビになり今回まで引っ張ってしまいましたが、そういうわけで1年生にはV3初お披露目だったわけですね。

いががでしたか?

僕たちの中学高校時代、すなわちビジュアル系最盛期のバンドブームを通っていない、また最近の流行のためにギターソロがほとんど排除されてしまった音楽になじんでしまった今の人たちにはどう映ったのでしょうね?
良い刺激になったなら幸いです。
これを見てフライングVを買って速弾きを練習し始める輩が現れたらもっと最高ですね。





ウチダくんがバンド結成のメカニズムについて興味があるそうなので、ちょっと長くなりますが僕の観点から語ってみたいと思います。

V3ですが、これは藤井さんが発起人です。
ジョー・サトリアーニとスティーブ・ヴァイが主催している世界最高峰ののギタリストの祭典「G3」というものがあります。
芸工の3人の速弾きギタリスト(V使い)でそのパロディをしようとしたのが「V3」なのです。
僕とクマという2人のV使いが入学した時点でこの企画は思い立ってたみたいですが、声をかけていただいたのは去年の7月ライブの打ち上げのときでした。
役者ありきの企画だったのでメンバー集めには苦労していないと思います。
今回が3回目のライブでした。
そして今回が最高のライブでした。

まずメンバー集めについて。
普通は結構大変です。
好きな音楽をやるためには同じ趣味の仲間を探す必要があります。
その音楽が特殊であればあるほどそれは難しいものになります。
それでも芸工内で考えれば、うちは(特に修士の人は)音楽の守備範囲の広い人が多いし演奏力的にも「何でも屋」が多いので人材は豊富だと思います。
また必ずしも全員の趣味が一致していなくても成り立つ場合もあります。
project7のように。
しかしこれは7人中4人がアニオタという絶妙な人数比とメンバーのステキな人間性のなせる業といったものでしょうか。
まあ趣味が合ってるに越したことはない。



マジメに書こうとすると考えることがいっぱいで疲れてきたので、この話題は次回に持ち越そうと思います。
僕から見た芸工のバンド事情、僕のバンド観、上手い人が集まったから即すげえバンドになるわけじゃねえって話をできたらと思います。
  1. 2007/10/15(月) 01:10:19|
  2. ギター・バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

明日は全曲半音下げ。

期待していたDTMマガジン付録DVD収録のVOCALOID初音ミク体験版がただの機能制限版ではなく10日間の使用期限付きだったので仕方なく立ち読みで済ませることにしました。
今冬発売予定の第2弾のためにお金を貯めておくことにしましょう。



さて、軽音ライブが始まります。
明日はproject7で出演です。
最後から2番目。
ちなみに2番手で後輩アニソンバンドのデラデラックスも出演します。

実は今回のライブは結構緊張しています。
それはセットリストに僕の音楽性のかなり重要な部分を占めているバンドの曲をやるからです。
ギター難易度も「そばかす」を除けばプロ7史上最高です。
僕のギタリスト魂をかけて演奏します。
(魂はどのライブでも込めてますが)
ていうかあれです、僕のキャラクターがよく表れた演奏になると思います。
少なくとも2曲はアニメファンでなくても知ってる曲だと思うので、みなさんも一緒に楽しんでくださいね。


  1. 2007/10/10(水) 00:51:39|
  2. ギター・バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

よく煮えております。

煮詰まっております。
何もかも。

って書こうと思ってたけど、今日の会議でようやく写真展の方はメドが立ってきた気がします。
この2週間ホームセンター通いを続けた甲斐があるといったもんです。
あともう一息。
しかし良いものを作ろうとするとどうしても「世の中金だ」という言葉にぶち当たってしまうなあ。
最終的にいくら使うことになるのやら・・・。





そして卒研の方は期待を裏切ることなくばっちり煮詰まっております。
はあ・・・。

↑と書いて思ったけど、始まってもないのに煮詰まってるというのは何かおかしいですね。

まあどっちにしろため息なんですが。

  1. 2007/10/09(火) 00:50:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再開。

何がって?
HUNTER×HUNTERが。
ジャンプの表紙を見て一瞬目を疑いました。
こんだけ待たせたんだ、しばらくは週刊で続けてくれるんでしょうなあ富樫さん?



よつばと!の7巻が出ました。
今回も相変わらず面白かったです。
何気ないことをテーマに楽しく物語を描けるってほんとすごいなあと思います。

ARIAの11巻も出ました。
実は最近自分の中でマンネリ化しつつあって今後買い続けるかどうかを迷っていたのですが、今回ようやく描いて欲しいと思っていた方向へ物語が流れていって、しかも良い意味で予想を裏切る展開を見せてくれたのでやっぱり応援していこうと思います。
アニメ第3期も決定したようで、がんばってほしいです。



20071006211501.jpg

そういえば、GINAX(庵野さん)に「エヴァを作るくらいなら彼氏彼女の事情の第2期を作って欲しい」と思っているのは僕だけでしょうか?

  1. 2007/10/06(土) 21:16:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

10月ライブは3バンドで出演します。

告知ばっかりですが。

水曜日にproject7で、金曜日に竜平上陸大作戦、V3で出演します。
今回はどのバンドでも結構ギター弾きまくります。
ギタリストが「もっとギターを弾きたい」と思うような演奏ができたらと思います。

geikoucat0000.jpg

geikoucat0001.jpg

geikoucat0002.jpg

geikoucat0003.jpg

geikoucat0004.jpg

caterpillar0000.jpg

caterpillar0001.jpg

caterpillar0002.jpg

caterpillar0003.jpg

最近1日1タスク以上こなせません。
自分に甘い。
このままいくとおそらく来週の言い訳材料は軽音ライブになることでしょう。
先に封じといてやる。

アニメ新番組がどんどん始まっています。
第2話まではできるだけ満遍なく見てみようと思います。

あと金八先生が始まりますね。
前シリーズでは無理矢理感のある脚本で、最終的に金八先生が学校を離れ教育委員会にいくという僕としては納得いかないエンディングで、もう続かないのかなあと諦めていましたが、どうやら今回はまた3Bの担任として復活するみたいですね。
今回脚本に小山内さんのクレジットはなく前作に続き清水さんが担当するようですがどうなるのでしょうか。
なにはともあれ第4シリーズから見続けてる好きなドラマなので期待して見てみようと思います。
  1. 2007/10/04(木) 22:32:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

写真展をやります。

poster7finders.jpg


食堂とかで見た人もいるかもしれませんが、この7人で写真展をやります!
今月末です!!
がんばります!!!
  1. 2007/10/03(水) 01:42:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

夏休みが終わるからって生活リズムが変わるわけじゃないんだけど。

20071001020903.jpg

憂鬱だあ。
  1. 2007/10/01(月) 02:12:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tana-

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する