Across Diary

ここでは日記や日々の物思いについてつらつらと書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DIYでいいじゃんか。

お久し振りです。

クリスマスの日記は置いといて、また1ヶ月も放置してました。
元気にはしていたのですが、いかんせん余裕のない毎日を送っていたもので。


年末といえば1年の振り返りをやるのが定番ではありますが、今年はあんまり日記を書いていないので、それ自体がまとめのような感じです。
社会人になるという人生の大きな転機を迎えた年ではありましたが、そのスタートは上手く切れたように思います。
これからいかに走り続けるか。
壁はいっぱいあるでしょうが、持ち前の根性で乗り越えていきたいと思います。





さてさて、話は変わって今日はベースの事を書いてみたいと思います。

10月のえのっずライブを終えてから、「自分のベースのなんとかしたい」という思いが強くなりまして、いろいろ試行錯誤していたのです。
いやまあ一番なんとかしなきゃいけないのは演奏技術なんですが・・・。

20101102_P1400373.jpg

とりあえず音をもっとパワフルにしたいと思いました。
上の写真を見るとハムバッカーがついてるように見えますよね?
でもこれピックアップカバーででかいだけで、実は中身はただのシングルコイルなんです。
一応ダンカン製なんですが、それでもシリーズで一番ローパワーのモデル。
ハイパワーの方がいい音なのかはわかりませんが、なんか残念じゃないですか。
8万円で買ったこのいかつい形のベースがリサイクルショップで買った8000円のベースよりおとなしいなんて。

てなわけで、音を変えるならピックアップ交換が手っ取り早いかなと思い、2基とも交換することにしました。

ここでまた残念なことに、このベースのザグリ穴には普通のハムは入らないんですよ。
帯に短し襷に長しとはまさにこのことです。
結局選択肢はシングルサイズのものに限られたのですが、現状シングルコイルのノイズも気に食わなかったのでスタックタイプのシングルサイズハムバッカーに換えることにしました。
ダンカンのSJB-J2というモデルです。

最初は元のピックアップと同様、専用のピックアップカバーを取り付けようと購入店に加工を依頼したのですが、なんと返答は「できない」それだけでした。
理由はSJB-J2の既存のカバーが外れない(外さないと専用カバーに入らない)からというものでした。
理由は分かったけど、それならそれで打開策を考えるなり別のピックアップ勧めるなり、もっと商売しろよE○P。

そんなこんなで店で無駄に高い工賃払って加工するのがアホらしくなったので、見た目の問題は無視して自分でなんとかすることにしました。(ピックアップもサウンドハウスで買ってね!)

今回、作業前・作業途中の写真を撮っていなかったので文章ばっかの説明になるんですが、ピックアップに関しては下敷きにゴム板とかスポンジを挟んでほぼボディーに直付けという形にしました。
ドリルで穴を開けるという作業は緊張しましたが、一度開けてしまうとどんどん開けちまえという気持ちになって、フィンガーレストを付けてみたり、ストラップピンの位置を変えてみたりもしました。

で、無事音は出て結構いい感じになったのですが、もう一つ気になる点が出てきました。
このVベースはギターと同じように2ボリューム1トーンで3wayのトグルスイッチが付いています。
でもリアだけ、フロントだけの音ってイマイチなんですよね。
センターしか使わないならトグルスイッチいらないな、代わりに2つのピックアップの接続をシリアル/パラレルで切り替えられるようにしたら面白いんじゃね!と思い追加の改造を施すことにしました。

20101229_P1400609.jpg

ボリュームポットを1つ取っ払って、そこにON-ONの6pinミニスイッチを追加しました。
トグルスイッチには何もつながっていません。完全なダミーです。
ミニスイッチの使い方はこちらのサイトを参考にさせてもらいました。
http://guitarj.blog81.fc2.com/blog-category-23.html

20101229_P1400612.jpg

20101229_P1400617.jpg
表はこんな感じ。

20101229_P1400623.jpg
ピックアップに関しては日曜大工というかもはや突貫工事レベルですが、3日見てたらこの姿にも慣れました。(笑)
写真左上の黒いのはスラップをやりやすくするための一工夫。

20101229_P1400624.jpg
エンドピンの位置を変えましたが、これでもヘッド落ちは改善されず。
依然ストラップに1kgの重りを仕込んでバランスを取っています。
このベース最大の残念ポイント。



本体の改造はここまで。
さらに音を変えるならその先の機材だろう、と会社でサウンドハウスのHPを見ていたら、後ろから課長が近づいてきました。
(え、注意される?いやいやまだ昼休みやし大丈夫やろ!?)

「なんや田中、機材探しとんのか。俺のアンプ買わへんか?」



20101230_P1400630.jpg

渡りに船とはまさにこのことか。
LINE6のBASS POD PRO(使ってたの?ってくらいの美品、ラックケース付き)を破格で譲ってもらいました。



とにもかくにも、これで一通り納得のいく装備が整いました。
あとは腕を磨くだけですね。

また追々正式な告知をしますが、えのっずは2月にライブをします。
今度の曲は初心者ベーシストには結構厳しい曲ばっかりになりそうです。。。

  1. 2010/12/30(木) 02:00:35|
  2. ギター・バンド
  3. | コメント:2
<<初日記。 | ホーム | ふぁっきんメリークリスマス。>>

コメント

おおお!
ついこの前俺も自作機にon-on-onのミニスイッチ付けて似たような改造しましたよ。
リアPUがシリーズ、パラレル、スプリットの3モードに切り替えられるようになったので、ハムなのにストラトみたいな音が出る何とも変なギターになりましたとさ。
アニソンのベースはほんと難しいの多いですよね・・。
  1. 2011/01/06(木) 21:35:59 |
  2. URL |
  3. Shunta Sato #-
  4. [ 編集 ]

しゅんた久しぶり!
まあ俺がこうやってギターをいじれるようになったのも電子工作部のおかげやわ。

ベースはむずい!
指弾きは一向に上達せえへんわ~。
  1. 2011/01/10(月) 20:53:17 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tana-

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。